【ソーシャル森羅万象】山田トモミさんモデルの電子書籍を発刊しました。『わたしと、青空と、ソーシャルと』

LINEで送る
Pocket

今から2年前の初夏。
思い立って、コラボで電子書籍を出すつもりで執筆していた本があります。

『わたしと、青空と、ソーシャルと』

わたしと、青空と、ソーシャルと

 

(概要)
大学卒業後、地方から出てきて三年。都内の小さなマンションで一人暮らしをしている、岩田和美。
会社勤めをしているが、毎日単調で、何か生きているという実感の湧かない日々を送っている。
そこで、ソーシャルに出逢う。
ソーシャルの世界で、なぜか活き活きと過ごす、自分よりも年上の人達。
比べると、自分には何もない。でも、元気をもらいたい、元気をあげたい。
ソーシャルの世界に飛び込み、講師になる。
講師になった後で知る、ソーシャルの世界の派閥争い。その争いの幼さと醜さ。グループ同志の争い。グループ内のいじめ、やっかみ、悪口。
それに気づいた和美は、一つの決意をする。
私が、小さな私が、この世界でもっともっと楽しいことを、本当のソーシャルの良さを発信していこうと。

当時は、もっと違った題名にしていたと思うけど。
ソーシャルで仲良くさせてもらっている、山田トモミさんをモデルにしています。
まあ、僕の勝手なイメージを文章にしてみただけだけど。かなり美化していると思う。本人も言うように。

彼女の写真が好きなんです。
いいアングル。色調も好きですね。

Photo2
だから、写真集みたいな感じにもしたいなと、思っていたわけです。
それに彼女のコラムも添えて。
僕の小説だけではありきたりなのですが、時折はさむコラムと写真がスパイスになっている感じです。

Photo1

 

なぜ、トモミさんをモデルにしたか。
これもいろいろ当時あったのですが、なんだか忘れてしまいました。
でも、当時も今も、何事にも一生懸命なトモミさんは変わらないです。
だから、何かを形に残したかったのかもしれません。

『わたしと、青空と、ソーシャルと』

は、Amazon Kindleストアから発売しています。
Kindle端末がなくても、iPhone、iPad、Androidのスマートフォンで、無料のkindleアプリをダウンロードして読むことができます。
ぜひぜひ、ダウンロードしてくださいね。
Kindleストアは、こちらから。

LINEで送る
Pocket

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です